同一労働同一賃金

同一労働同一賃金

賃金制度の見直しのお手伝いをいたします

同一賃金同一労働とは、同一の企業・団体内において、同じ価値のある仕事に対しては同じ賃金にするべきというものです。

同一の企業、または事業所において正規雇用労働者と、非正規雇用労働者が仕事をしている場合、この仕事の内容や責任などが客観的に見て同等なら、給与等の待遇に不合理な差があってはいけないというガイドラインを示したものが、同一労働同一賃金の実現に向けたガイドライン案になります。
今後、示されたガイドライン案に沿って、非正規雇用労働者の方々の待遇や、賃金制度等の改善に取り組むことが求められてきます。

誰もが輝いて働ける社会にむけて

同一労働同一賃金のガイドライン案は、正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差の解消を目指しています。

このガイドライン案は、正規か非正規かという雇用形態にかかわらない均等・均衡待遇を確保し、同一労働同一賃金の実現に向けて策定するものです。
正規雇用労働者と非正規雇用労働者との間で、待遇差が存在する場合に、いかなる待遇差が不合理なものであり、いかなる待遇差は不合理なものでないのかを、典型的な事例として整理できるものについては、問題とならない例・問題となる例という形で具体例をあげて示しています。

また、不合理な待遇差の解消に向けては、賃金だけでなく、福利厚生、キャリア形成・能力開発などを含めた取組が必要になってくるので、こうした待遇についても示しています。
このガイドライン案については、今後、関係者の意見や改正法案についての国会審議を踏まえて、最終的に確定するものです。

規雇用の人と非正規雇用の人が職務内容などの要件が同等なら、給与などの待遇に不合理な差があれば改善していくことが求められています。

厚生労働省 同一労働同一賃金特集ページ

ガイドライン案(PDF)